Music Policy (Japanese)
IJAチャンピオンシップ音楽使用に関して

If you are entering any IJA competition with an act set to music, you must make sure that the IJA has a legal right to use that music in your live performance. You are no longer required to provide the legal right to use your music on our videos, however if you don’t have those rights the IJA will dub over your act with different music on the video.
IJAのいかなるチャンピオンシップに音楽を使ってパフォーマンスをする場合、IJAにはその音楽を使う権利があることを確認する権利があります。音楽使用権を証明する書類などは必要ありませんが、使用権のない音楽をパフォーマンスで使う場合に、ビデオでは別の音楽を挿入する形となります。

By entering any IJA competition you agree that the IJA has performance rights for all of your music.
各部門の大会に参加する際には、派フォーマンスに使用した音楽をIJAが使用することに同意しなくてはなりません。

You need the rights to use your music in your live performance. The IJA will purchase live performance licensing from BMI and ASCAP for the festival. This license includes 98% of the music heard on the radio. If your music is covered by these licenses, then the IJA already has the rights it needs and you don’t need to do anything.
出場者はパフォーマンスに使う音楽をパフォーマンス内で使用する権利を有していなければなりません。IJAはフェスティバルの際に、BMI とASCAP登録音楽をパフォーマンスの際に使える権利を買っています。登録音楽にはラジオで流れる98%の音楽が含まれており、出場者がパフォーマンス時に使う音楽がこのリストに含まれていれば、出場者は問題なくパフォーマンス時にその音楽を使うことが出来ます。

Complete listings of the music covered by the IJA’s licensing is available here:
以下がIJAのパフォーマンスで使えるBMI とASCAP登録音楽リストです。

If your music is not covered by these licenses you will need to obtain permission from both the composer and performer.
このリストに使いたい音楽が含まれていない場合、その曲の作曲者と演奏者から使用権限を得る必要があります。

The IJA can only use your music on the DVD if you can provide adequate proof of publishing rights. For commercial music this is much more difficult and expensive than performance rights. The IJA cannot provide any music licensing for the DVD.
出場者がパフォーマンスで使った音楽の出版、放送権を有する証明書類を提出しない限り、IJAはDVDでパフォーマンスに使用した音楽を使用する権利がありません。IJAはDVD発売の際の音楽著作権を与える権限を有していません。

There are two sorts of license needed to use music on a DVD: one for the composition and one for the recording. They are called the master use license and synch rights. You will need to obtain both licenses for each piece of music you use. For original music you may use the form provided at the bottom of this page.
DVDで音楽を使うには作曲とレコーディングの2種類の権限が必要です。前者はMaster Use License(マスターユースライセンス)、後者はSynch Right(シンクライト)と呼ばれています。この2つの権限がパフォーマンスで使用する全ての音楽に必要となります。オリジナルの音楽を使用する場合はこのページの下の使用権限申請書を利用ください。

The IJA, along with our DVD replication company, will determine if the proof of publishing rights are adequate. This decision cannot be made at the festival.
IJA及びDVD製造会社は出版、放送証明書が適切かの判断を下しますが、フェスティバル開催中にその決定がなされることはありません。

If you cannot obtain adequate proof of publishing rights your music will be dubbed over on the DVD.
出場者がパフォーマンス時の音楽を出版、放送する権利の承認を得られない場合は、IJAのDVDでは別の音楽が挿入されます。

Yes. If you provide the name of the company you bought it from, the name of the track, a copy of the license agreement that came with the CD or download and proof of purchase, we will very likely be able to use it on the DVD.
使えます。音楽を購入した会社名、曲名、CD付属の使用権利同意書、もしくは購入(ダウロード)時の領収書を提示すればIJAのDVDでほとんどの場合使用可能です。
You can buy CDs of royalty free music in various styles from a variety of vendors. Typically they cost $100 per CD or $30 per track and up. Here are some sources:
様々なジャンルの著作権フリー音楽を出しているメーカーはたくさんあります。多くの場合はCD一枚につき100ドル、1曲30ドル程度で購入できます。以下、著作権フリー音楽を出しているメーカーの例です。

There are many more and most of them will let you listen to the music on their web site before you buy the rights.
これ以外にもたくさんのメーカーがあり、多くの場合購入の前に音楽の試聴が可能です。

No. Those agencies only license music for broadcast, live performance or audio reproduction. For rights to include a song on a DVD, you need to go to the record company directly. They all have a licensing department. Unfortunately, the rights from major record companies are usually expensive, from $600 total for a little known song or artist, up to thousands of dollars for a popular hit. There is an agency called the Music Bridge http://www.themusicbridge.com/ that can help you obtain these rights if you have difficulty contacting the record company.
ASCAP、BMI、HarryFoxなどの会社はテレビやラジオの放送、パフォーマンスと音楽のカバー演奏に関する権利を扱っています。DVDにパフォーマンスの際の音楽を載せたい場合はレコード会社の著作権課と直接交渉する必要があります。しかし、大きなレコード会社の場合、あまり有名でないアーティストや曲で600 ドル以上、人気のアーティストや曲となると何千ドル、と大変高価になります。レ
コード会社との交渉が難しい場合、MusicBridge(ミュージックブリッジ)という会社がプロセスの手助けをする業務を行っています。
MusicBridge www.themusicbridge.com
The DVD is produced by the

International Jugglers’ Association

a 501 (c) 3 non-profit corporation, EIN 16-1111652. It will be called “Highlights and Championships XXXX” (or “Individual Prop Competition XXXX”) where XXXX is the current year. No more than 1,000 copies of the video will be made, in a single edition to be produced in the current year. The contact person at the IJA is the video coordinator listed on the web site, video@juggle.org.

International Jugglers’ Association
a 501 (c) 3 non-profit corporation, EIN 16-1111652
ビデオ情報 “Highlights and Championships XXXX” (または “Individual Prop Competition XXXX”)
(XXXX のところに年度が入ります)
初期エディションで1,000以上が作られます。
責任者:IJAのサイトのVideo Coordinator参照video@juggle.org.

No. Mech rights allow you to put a cover version of a song on your audio CD. They do not give permission for live performances or videos.
メカニカルライセンスはその曲のカバー演奏を販売するCDに使うための権限であって、パフォーマンス、ライブ、ビデオに関する権限を与えるものではありません。
Not necessarily. There are two copyrights associated with every recording – one for the composition, owned by the composer or their music publisher, and one for the performance, owned by the performer or their record company. So, if you want to use a recording of the 1812 Overture made by the Chicago Symphony, you don’t have to worry about the copyright of the composer, but you still need to get synch rights to that particular recording. If you find a MIDI file of classical music on the web and play it through your computer or a synthesizer, then you will own that recording and can do what you like with it. You can also purchase royalty free versions of many classical pieces here http://royalty-free-classical-music.org/index.php.
レコーディングされた音楽の著作権には作曲の権限(作曲者か音楽販売者がこれを有する)と演奏の権限(演奏者かレコード会社がこれを有する)の2つがあります。例えば、シカゴ交響楽団によって演奏された「序曲1812年」を使用したい場合、作曲の権限には問題がありませんが、演奏の権限であるSynch Right(シンクライト)が必要になります。クラシック音楽のMIDIファイルをインターネット上で入手し、自分のパソコンやシンセサイザーで演奏した場合、演奏の権限は自分のものとなるため自分の使いたいように使うことが出来ます。
Yes, if the composition is original or public domain or you have permission from the composer. The musician(s) will also have to sign an IJA video release.
オリジナルの曲またはパブリックドメインの曲、または作曲者から演奏の許可を得た曲なら可能です。音楽の演奏者もIJAのビデオ出版同意書にサインする必要があります。
There are a variety of Creative Commons licenses, each of which give you different rights. See the license overview page https://creativecommons.org/licenses/ on the Creative Commons web site for a summary. Music released under the “Attribution” and “Attribution No Derivatives” licenses will be no problem; just make sure you tell us how to attribute the music. In other cases you will have to contact the copyright owner. A Creative Commons license suggests that the owner of the copyright is likely to be open to licensing it for other uses, either free or for a minimal fee. If you find Creative Commons music on the web that you like, you should contact the composer and performer to obtain the necessary rights. It may help if you tell them that the IJA is a non-profit organization.
CC(クリエイティブ・コモンス)ライセンスにはたくさんの種類があり、その概要はCC ライセンスのホームページに書かれています。
https://creativecommons.org/licenses/「Attribution」または「Attribution No Derivative」でリリースされた音楽の使用は問題ありませんが、出場者の具体的な曲への関わりを説明する必要があります。それ以外の場合は著作権の持ち主に連絡をする必要があります。CC ライセンスの著作権の持ち主は大概無料、または安値で音楽の使用を認めてくれる傾向にあります。使いたいCC ライセンスの曲をインターネット上で見つけた場合は、著作権の持ち主と演奏者に連絡を取りましょう。IJAが非営利団体と伝えると良い返事がもらいやすいです。
Probably not. Most web sites that allow music downloads place restrictions on subsequent use of the music. However, as with the creative commons license, the fact that a track is available for free download means that it is likely that the artist will be willing to grant the necessary rights freely or for a minimal fee.
多くの場合使用できません。音楽をダウンロードできるサイトの多くにはダウンロードした音楽を他の場所で使用するのに制限がかかっています。しかしCC ライセンスと同様、ダウンロードが無料の音楽はアーティストに連絡すれば、曲の使用許可を無料または安値で得ることが大概できます。
We don’t have a rule against this, so you would not be prevented from entering the competition. However, we may not be able to show your act in our videos, and you might not be able to market that act in any professional venue. We advise against this.
それらに関する規定はありませんので、多くの場合大会の参加に支障はありません。しかし、パフォーマンスがIJAのビデオの中に載せられない場合があり、またプロの演技として売り出せない可能性があり、おすすめできません。
There are no simple rules to determine what is fair use under the copyright act, and fair use cases have sometime gone to the Supreme Court. If the owner of the copyright agrees this is fair use, or if you get a legal opinion saying that it is, then we will accept it.
著作権のある物の「正当な利用」の正確な定義は存在せず、訴訟問題に発展する可能性もあります。著作権の持ち主が「正当な利用」と同意、または「正当な利用」である法律に則った説明が与えられれた場合のみ使用が許可されます。
Any competition that may include music. Currently, that’s the Stage Championships (Individuals, Teams and Juniors) and the Individual Prop Competition.
曲を使用する競技大会は全て該当します。今のところ、個人およびチームのIJAチャンピオンシップ、そしてIndividual Prop Competition(道具別コンペティション)の2つです。
The Stage Championships Entry Form will guide you through everything you need to do to compete.
チャンピオンシップ申請書に参加するのに必要な情報が全て記載されています。

  • If you are using BMI or ASCAP-licensed music, you will be asked the artist and track name(s).
    BMI やASCAPによって使用が許可されている音楽を使う場合は、アーティスト名と曲名
  • If you have purchased video recording rights to your music, you will need to provide artist name, track name, source, and proof of purchase.
    使用する音楽をビデオ内で使用できる権利を買った場合は、アーティスト名、曲名、引用元、購入の証明書
  • If the composer and/or recording artist has granted you video recording rights to your music, you will be asked to complete the Public Performance/Synchronization Rights/Master Use License.
    作曲者と(または)アーティスト自身から音楽利用が認められた場合、Public Performance(公共演奏)/Synchronization Rights(シンクライト)/Master Use(マスターユース) のライセンスを記入すること
  • If you are not using recorded music, you will not have to do anything.
    録音された音楽を使わない場合は上記のいずれも必要ありません。

festival


CELEBRATE WITH US

PROGRAMS


GET INVOLVED

ejuggle


THE LATEST NEWS

join


BECOME A MEMBER