A Look At Notable Shaker Cup Jugglers

(日本語はこちら)

Many jugglers don’t like shaker cup juggling due to the sound they tend to make, but the skill can be very impressive and creative in the right hands. Today we will look at some history of those who have specialized in the juggling of shaker cups. There are obviously other very talented jugglers who use shaker cups, but I think these are probably the most influential ones.

Meneses

The first juggler to use shaker cups was Mexican performer Meneses (Juventino R. Meneses), who worked with three in the 1920s. While his use of them didn’t spread widely, it did influence Rudy Cardenas, whom we’ll talk about next.

Meneses

Rudy Cardenas

The performer who almost single handedly popularized shaker cups in the juggling world was Rudy Cardenas. Cardenas had learned all of Meneses’ act by the time Rudy was 7 years old. This included the older juggler’s work with three shaker cups. Rudy’s father helped him expand the possibilities with the prop much further. Rudy was soon working with 6, and later 8, cups. Despite being referred to as shaker cups, Rudy actually used milkshake cups rather than the cups used to make mixed drinks.

A young Rudy Cardenas with 6 shaker cups

Rudy Cardenas with 8 shaker cups

You can see Rudy’s shaker cup skills in the last part of the following video.

Vinicio Chiesa

Vinicio Chiesa of the famed Chiesa Brothers and Chiesa Family acts also had a long and illustrious solo career. His act included shaker cups, as you can see near the end of this next video.

Freddy Kenton

Freddy Kenton (born 1938) is a Dutch juggler with a very long and successful career that is still going today. He has been juggling professionally for over 60 years and currently performs a wonderful Gentleman Juggler act with his wife, Evelyne. He long performed with shaker cups after seeing Rudy Cardenas early in his career.

Freddy Kenton

Freddy Kenton

John McPeak

John McPeak is another cup juggler who was influenced by Rudy Cardenas. John was well-known for his great shaker cup work in the 1970s and 1980s and still performs today. He was the first juggler to perform with 10 cups.

John McPeak with 10 shaker cups

Claudius Specht

Claudius Specht

Swiss juggler Claudius Specht has long been considered one of the best shaker cup jugglers in the world. Check out his creative routine in the video below.

Rob Torres

Rob Torres (1973 – 2018) was an extremely successful clown who proved that great comedy was possible using shaker cups. You can see his use of them below.

Niels Duinker

The current world record for the most shaker cups thrown and caught is 14, held by well-known Dutch juggler Niels Duinker. You can see this world record and more of Niels’ shaker cup work in the following videos.

Niels Duinker

Bruno Macaggi

Bruno Macaggi is a Spanish juggler who does amazingly creative work with shaker cups, including toss juggling many of them while using one held in each hand as a substitute hand. Check out his outstanding work below.

Shaker cup jugglers continue to push the boundaries of what’s possible with simple metal or plastic cones. Only time will tell what they’ll do next.

注目すべきシェーカーカップジャグラーたち

道具がたてる騒音ゆえに、シェーカーカップのジャグリングが好きではないジャグラーが多い。しかしシェーカーカップは、しかるべきジャグラーの手にかかれば、印象的でクリエイティブなジャグリングになりうる。今回の記事では、シェーカーカップジャグリングを極めた人々を紹介する。もちろんここで紹介する以外にも才能を発揮しているジャグラーはいるが、筆者の考えでは、以下に挙げるジャグラーたちが、最もシェーカーカップでは影響を与えている。

メネセス(Meneses)

シェーカーカップを最初に使ったジャグラーは、メキシコ人パフォーマーのメネセス(Juventino R. Meneses)で、1920 年代に 3 つのシェーカーカップを使っていた。その技術自体が広く普及することはなかったが、次に紹介するルディ・カルデナス(Rudy Cardenas)に影響を与えた。

メネセス

ルディ・カルデナス(Rudy Cardenas)

ジャグリング界でシェーカーカップをほぼ一手に普及させたパフォーマーが、ルディ・カルデナスである。カルデナスは、 7 歳になるまでに、メネセスの演技をすべて習得した。その中には、さらに古い時代のジャグラーによる 3 つのシェーカーカップを使った演技も含まれていた。父親は、ルディがこの道具の可能性をさらに広げる手助けをしている。ルディは、すぐに 6 個のカップを使い、後には 8 個のカップを使うようになる。ただしルディが使っていたものは、シェーカーカップと呼ばれるものの、実際にはミックスドリンクを作るためのカップではなく、ミルクをシェイクするためのカップを使用していた。

6 個のシェーカーカップを投げる若き日のルディ・カルデナス

8 個のシェーカーカップを投げるルディ・カルデナス

ルディのシェーカーカップの腕前は、次の動画の終盤で見ることができる。

ヴィニチオ・キエーザ(Vinicio Chiesa)

有名なキエーザ・ブラザーズとキエーザ・ファミリーの一員であるヴィニチオ・キエーザは、ソロ活動も長く、輝かしいキャリアを持っている。以下のビデオの終盤で見られるように、シェーカーカップを含む演技をしている。

フレディ・ケントン(Freddy Kenton)

フレディ・ケントン(1938 年生まれ)はオランダのジャグラー。非常に長いキャリアで成功を収めており、現在もなお続いている。彼は 60 年以上プロとしてジャグリングをしており、現在は妻のエヴリーヌ(Evelyne)とジェントルマンジャグラーアクトを披露している。彼はキャリアの初期にルディ・カルデナスを見て以来、長い間シェーカーカップを用いた演技をしている。

フレディ・ケントン

フレディ・ケントン

ジョン・マクピーク(John McPeak)

ジョン・マクピークも、ルディ・カルデナスの影響を受けたシェーカーカップジャグラーだ。ジョンは、1970 年代から 1980 年代にかけてのシェーカーカップの演技でよく知られ、現在でもパフォーマンスを行っている。10 個のカップを使って演技をした最初のジャグラーである。

10 個のシェイカーカップを投げるジョン・マクピーク

クラウディウス・スペヒト(Claudius Specht)

クラウディウス・スペヒト

スイスのジャグラー、クラウディウス・スペヒトは、長い間、世界で最も優れたシェーカーカップジャグラーの一人とされている。彼の独創的なルーティンは以下のビデオで見ることができる。

ロブ・トーレス(Rob Torres)

ロブ・トーレス(1973 – 2018)は、シェーカーカップでも面白いコメディが可能であるということを証明し、成功を収めたクラウンだった。演技は以下。

ニルス・ダンカー(Niels Duinker)

現在、シェーカーカップを投げて再びキャッチした数の世界最多記録は 14 個で、オランダの有名なジャグラー、ニールス・ダンカーが保持しているものである。この世界記録と、ニールスのシェーカーカップの演技は以下。

ニルス・ダンカー

ブルーノ・マカギ(Bruno Macaggi)

ブルーノ・マカギはスペインのジャグラー。シェーカーカップを使って両手に持ったカップを手の代わりに使いながらのトスジャグリングなど、驚くほど独創的な作品を見せる。演技は以下。

シェーカーカップジャグラーは、シンプルな金属やプラスチックのカップを使って可能性の限界を広げ続けている。果たして次は何を見せてくれるのであろうか。

和訳: 青木 直哉(AOKI Naoya)

David Cain is a professional juggler, juggling historian, and the owner of the world's only juggling museum, the Museum of Juggling History. He is a Guinness world record holder and 15 time IJA gold medalist. In addition to his juggling pursuits, David is a successful composer, songwriter, multi-instrumentalist, and singer as well as the author of twenty-six books. He and his children live in Middletown, OH (USA).

Leave a Reply