Numbers Juggling With Plates and Discs

(日本語はこちら)

Before rings were common place, jugglers used plates and discs in their acts. Even after rings became the more common flat, round prop, some jugglers continued to use the more difficult choice of discs and plates. Releasing more than 4 plates from your hands is quite difficult, and is therefore a very limiting factor. Nevertheless, history records some quite amazing juggling feats with plates. Let’s take a look at the history of numbers juggling with plates and discs. While plates generally had a concave side and a convex side and discs had a more symmetrical shape, for this article, we’ll refer to both props as plates.

6 Plates

The earliest known juggler to do 6 plates was Severus Schaffer. An article from 1903 described his method of starting the pattern.

Lucy Gillet juggled six plates while balancing a long bird perch on her chin and a flower pot on her forehead in the 1910s.

Lucy Gillet

Enrico Rastelli famously juggled six plates while bouncing a ball on his head or while jumping rope and spinning a ring on his ankle.

Enrico Rastelli juggling six plates while heading a ball

Enrico Rastelli juggling six plates while heading a ball

You can see Rastelli juggle six plates three times in the following video, including twice while jumping rope.

As you can see in the final 6 plate clip, Rastelli started with one plate in his mouth and five in his hands.

In the 1920s, Mary Blank of the Joseph Blank Company of jugglers juggled 6 plates while balancing an object on her forehead.

One of Rastelli’s early students was Massimiliano Truzzi. Like Rastelli, Truzzi juggled 6 plates while heading a ball. He used the same method of starting as Rastelli, placing one plate in his mouth, toss the ones from his hands, and then grabbing the one from his mouth to add to the pattern.

Massimiliano Truzzi

Massimiliano Truzzi

Massimiliano Truzzi

Massimiliano Truzzi

You can see Truzzi juggle 6 plates in the second clip of the following video.

Trixie was another master of 6 plate juggling. She would run the trick for a very long time and could do so while bouncing a ball on her head under horribly blinding lighting situations.

Trixie juggling 6 plates while heading a ball

Trixie juggling 6 plates while heading a ball

Trixie juggling 6 plates

The following videos demonstrate Trixie’s mastery of 6 plates. Unlike Rastelli and Truzzi, she had no problem releasing all six plates from her hands. Note that the final video also shows her flashing 7 plates, which we’ll discuss later.

Almost nothing is known about European comedy juggler Carman, but we do know that one of his tricks was the juggling of 6 plates, as you can see below.

Carman

German juggler Max Cincinati, or possibly his son, apparently juggled 6 plates, as shown in an illustration promoting their troupe.

Max Cincinati, courtesy of Erik Åberg Collection

Danish juggler Bob Ripa (1913 – 1943) performed 6 plates while balancing a ball on a head pedestal and another on a mouth stick while holding a ball in his instep. You can see this pictured below and shown briefly in the following video.

Bob Ripa

Another Danish juggler, Leon Rabello, performed the exact same trick as Bob Ripa during the same time period. You can see Rabello’s version in the photo below.

Leon Rabello, courtesy of Erik Åberg Collection

Soviet juggler Nasi Shirai juggled 6 large tambourines in her act, using a holster. You can see this feat in the following videos.

The following video features Nasi Shirai juggling 6 tambourines at the 35 second mark.

7 Plates

Very few jugglers have ever performed 7 plates. The first that we know of was Frank Le Dent. An advertisement from 1908 specifically promotes Le Dent as juggling 7 plates in performance. It can be seen below.

LeDent7Plates1908

Frank Le Dent with 7 plates

It is not known how Frank Le Dent started or how long he could juggle them, but as you’ll see later, Le Dent didn’t stop at 7.

Joseph Blank could perform long runs with 7 large wooden discs in the 1920s.

Paolo Piletto was a German juggler who was born in 1900 and made his debut in 1927. He performed 7 plates, starting with one in his mouth and 6 in his hands.

Paolo Piletto

You can see Piletto flash 7 plates at the 15:20 mark of the following video.

As stated earlier, Trixie could also juggle 7 plates and performed the feat early in her career.

Trixie

8 Plates

The first person to juggle 8 plates was Frank Le Dent. In January of 1908, a newspaper advertisement announced the feat.

8 plate juggling was more famously performed by Enrico Rastelli. While we don’t have any video or photos of Rastelli doing 8 plates, we do know from many sources that he performed the feat in his act. He even eventually added a ball and head pedestal balance while flashing 8 plates. He used a pair of holsters to hold two plates. The following two illustrations show the trick, including the holsters.

Enrico Rastelli

Enrico Rastelli

The Russian juggling history book Flying Saucers by Victor Koshkin mentions a pair of jugglers who worked with 8 plates in practice during the 1930s. These were Konstantin Nikolsky and Victor Roslavlev, who performed under the stage name of Bortar. The book also says that Nasi Shirai worked with 8 tambourines for a short time, possibly even in performance.

In the 1960s, one of the members of the Filipenko Troupe performed 8 plates in their act. Below is a photo from 1961 showing this feat. You can learn more about the Filipenkos by clicking here.

One of the Filipenko Jugglers

Two current jugglers have had success with 8 plates. Albert Lucas managed to get 16 catches of 8 plates on the BBC show Record Breakers in 1993. He released 6 plates from his hands and had two plates attached to his pants with Velcro, which he ripped off to get the pattern started.

Albert Lucas

In 2017, Scott Sorensen managed to flash 8 plates from his hands, as you can see in the following video.

9 Plates

There is ample evidence to convince us that Frank Le Dent performed 9 plates in his act in 1908. A review of his act from the March 20th, 1908 Paterson (NJ) Morning Call newspaper stated that Le Dent “proved himself the master of impossible stunts, his clever tricks being the juggling of nine plates and ten balls, which took the audience by storm. Well-known juggler George Kenyon also reported seeing Le Dent perform nine plate juggling.

Frank Le Dent

The only other juggler I’ve heard of working with 9 plates was Massimiliano Truzzi, who claimed to “throw 9 plates” in practice in a 1928 magazine article.

10 Plates

I have recently read in two sources (Flying Saucers and Enrico Rastelli: il signore dell’equilibrio by Pietro Barachetti) that Enrico Rastelli juggled 10 plates. It is not said that he did so in performance, which we would almost certainly be aware of. Considering that Rastelli performed 8 plates with a head pedestal balance makes the claim of him working with 10 in practice certainly plausible. If anyone knows anything more about these claims, I would love to hear from you.

Plates are very difficult to work with due to the great problem in releasing them from the hands and their grip in general, but if you want a new challenge, perhaps you could be the first person to capture themselves on video flashing 9 or 10 plates.

皿、円盤を使ったナンバーズジャグリング

リングが一般的になる前、ジャグラーは皿や円盤を演技に使っていた。平らで丸い道具として、リングが一般的に使用されるようになってからもなお、扱うのが難しい皿と円盤を使い続けるジャグラーもいた。4 枚以上の皿を手から離すのは、かなり難しく、そのため非常に制限がある。しかし歴史上、皿を使った驚くべきジャグリングがいくつも記録されている。ここでは、皿と円盤を使ったナンバーズジャグリングの歴史を見ていく。一般に、皿は凹面と凸面があり、円盤は左右対称の形をしているが、この記事では、どちらの道具もプレート(Plate)と統一して呼ぶことにする。

6 枚

最も早い時期に 6 枚のプレートによるジャグリングを演じたジャグラーとして知られているのは、セヴェルス・シャファー(Severus Schaffer)である。1903 年の記事には、彼のパターンの開始方法が書かれている。

1910 年代、ルーシー・ジレット(Lucy Gillet)は、あごに、長い鳥の止まり木、額に植木鉢を乗せてバランスをとりながら、6 枚のプレートをジャグリングした。

ルーシー・ジレット

エンリコ・ラステッリ(Enrico Rastelli)は、頭の上でボールをバウンスしながら、あるいは縄跳びをしたり足首でリングを回しながら、6 枚のプレートをジャグリングしたことで有名。

ボールをヘディングしながら 6 枚のプレートをジャグリングするエンリコ・ラステッリ

ボールをヘディングしながら 6 枚のプレートをジャグリングするエンリコ・ラステッリ

次のビデオでは、ラステッリが 6 枚のプレートをジャグリングしている。3 回映るうち、縄跳びをしながらが 2 回。

6 枚でのジャグリングを見せる最後のクリップでは、ラステッリは 1 枚を口にくわえ、5 枚を手から投げてジャグリングを始めている。

1920 年代には、ジョセフ・ブランク・カンパニー(Joseph Blank Company)のメリー・ブランク(Mary Blank)が、額でバランスをとりながら 6 枚のプレートをジャグリングしている。

ラステッリの初期の弟子であるマッシミリアーノ・トルッツィ(Massimiliano Truzzi)は、ラステッリと同様、ボールをヘディングしながら 6 枚のプレートをジャグリングした。スタート方法もラステッリと同じく、1 枚を口にくわえ、手に持った方を投げてから、最後に口のプレートを取ってパターンに入る方法をとっていた。

マッシミリアーノ・トルッツィ

マッシミリアーノ・トルッツィ

マッシミリアーノ・トルッツィ

マッシミリアーノ・トルッツィ

以下の映像内、2 番目のクリップで、トルッツィが 6 枚のプレートをジャグリングするところが見られる。

トリクシー(Trixie)もまた、6 枚のプレートによるジャグリングの名手だった。長時間であっても、眩しい照明の下であっても、ボールをヘディングしながらジャグリングをすることができた。

ヘディングしながら 6 枚のジャグリングをするトリクシー

ヘディングしながら 6 枚のジャグリングをするトリクシー

6 枚のジャグリングをするトリクシー

以下の動画は、トリクシーが 6 枚のプレートを使いこなす様子。ラステッリやトルッツィと違い、6 枚のプレートをすべて手から難なく投げている。なお最後の動画では、7 枚のプレートをフラッシュしているが、これについては後ほど解説。

ヨーロッパで活躍したコメディージャグラー、カルマン(Carman)についてはほとんど何もわかっていないものの、下の写真でわかるように、彼の芸のひとつに、6 枚のプレートジャグリングがあったことは判明している。

カルマン

ドイツの曲芸師マックス・シンシナティ(Max Cincinati)(あるいはその息子の可能性も)は、一座を宣伝するイラストにあるように、6 枚の皿をジャグリングしていたようだ。

マックス・シンシナティ

デンマークのジャグラー、ボブ・リパ(Bob Ripa)(1913 – 1943)は、足の甲にボールを乗せ、頭に載せた台座とマウススティックでもバランスを取りつつ、6 枚のプレートをジャグリングした。この様子は下の写真と、次のビデオで少し見ることができる。

ボブ・リパ

また、デンマークのジャグラー、レオン・ラベロ(Leon Rabello)は、同時期にボブ・リパと全く同じトリックを披露していた。下の写真を参照。

レオン・ラベロ

ソ連のジャグラー、ナシ・シライ(Nasi Shirai)は、ホルスターを使いつつ、6 つの大きなタンバリンをジャグリングした。この技は以下のビデオで見ることができる。

次のビデオの 35 秒のところで、ナシ・シライが 6 つのタンバリンをジャグリングしている。

7 枚

7 枚を演じたことのあるジャグラーはほとんどいない。知られている中でも最初の人は、フランク・ル・デン(Frank Le Dent)だ。1908 年の広告で、ル・デンが 7 枚のジャグリングをすることが具体的に宣伝されている。下記画像参照。

LeDent7Plates1908

7 枚のプレートとル・デン

ル・デンがどのように 7 枚のジャグリングをスタートし、どれくらいの時間ジャグリングできたのかはわからないが、後述するように、7 枚以上もジャグリングしていたようだ。

ジョセフ・ブランク(Joseph Blank)は、7 枚の大きな木製円盤によるジャグリングを 1920 年代に披露している。

ドイツのジャグラー、パオロ・ピレット(Paolo Piletto)は 1900 年に生まれ、1927 年にデビューしている。彼は、6 枚を手に、1 枚を口にくわえて、7 枚をスタートした。

パオロ・ピレット

以下のビデオの 15:20 時点で、ピレットが 7 枚をフラッシュするところが見られる。

前述したように、トリクシーは 7 枚をジャグリングすることもできて、キャリアの初期から演技に取り入れていた。

トリクシー

8 枚

8 枚のジャグリングを最初にジャグリングしたのは、フランク・ル・デンである。1908 年 1 月の新聞広告でその演技が宣伝されている。

8 枚のジャグリングは、エンリコ・ラステッリが行ったことでも有名である。ラステッリが 8 枚をジャグリングしているビデオや写真はないが、演技の中でこの技を披露していたことは多くの資料からわかっている。最終的には頭に乗せた台座でボールをバランスしつつ、8 枚のプレートをフラッシュする芸まで行った。また、2 枚のプレートを保持するために 2 つのホルスターを使用していた。次の 2 枚のイラストは、ホルスターを含めたトリックを示したもの。

エンリコ・ラステッリ

エンリコ・ラステッリ

ヴィクトル・コシュキン(Victor Koshkin)によるロシアジャグリング史の本『Flying Saucers』には、1930 年代に 8 枚のプレートを使って練習していたジャグラーのペアについて書かれている。この 2 人は、コンスタンティン・ニコルスキー(Konstantin Nikolsky)とヴィクトル・ロスラヴレフ(Victor Roslavlev)で、ボルタル(Bortar)という芸名で活動していたようだ。またこの本には、ナシ・シライが短期間、おそらくはパフォーマンスでも、8 枚のタンバリンを使っていたと書かれている。

また 1960 年代、フィリペンコ一座(Filipenko Troupe )のメンバーの 1 人が、演技中 8 枚のプレートを披露したことがある。下の写真は、この技を披露した 1961 年の写真。フィリペンコ一座について、詳しくはこちら

フィリペンコ・ジャグラーズのメンバー

現役のジャグラーで 8 枚を成功させた人は 2 人いる。アルバート・ルーカス(Albert Lucas)は、1993 年に BBC の番組「Record Breakers」で、8 枚のプレートを 16 回キャッチすることに成功した。手から 6 枚のプレートを投げ、2 枚のプレートをマジックテープでズボンに付けており、それをはがし取ってからスタートした。

Albert Lucas

2017 年、スコット・ソレンセン(Scott Sorensen)は、以下の動画で見られるように、手から 8 枚のプレートをフラッシュさせることに成功した。

9 枚

1908 年にフランク・ル・デンが 9 枚のプレートを使った演技をしたと信じるにたる、十分な証拠がある。パターソン(ニュージャージー州)の地元紙「モーニングコール」で掲載された、1908 年 3 月 20 日付の彼の演技に対する批評には、ル・デンが「不可能なスタントのマスターであることを証明する巧妙な技として、 9 枚のプレートと 10 個のボールのジャグリングで、観客を熱狂させた」と書かれている。有名なジャグラー、ジョージ・ケニヨン(George Kenyon)も、ル・デンが 9 枚のプレートを使ったジャグリングをするのを見た、と報告している。

フランク・ル・デン

9 枚プレートでのジャグリングをしていたことを筆者が聞いたことがあるのは、マッシミリアーノ・トルッツィのみで、練習で「9 枚のプレートを投げた」と 1928 年の雑誌記事に記載されている。

10 枚

最近、エンリコ・ラステッリが 10 枚のプレートを投げたという話を、2 つの資料(『Flying Saucers』とピエトロ・バラケッティ(Pietro Barachetti)著『Enrico Rastelli: il signore dell’equilibrio』) で読んだ。だが彼がパフォーマンスでもそれを行ったということは書かれていない。しかし、ラステッリが 8 枚のプレートを頭の上の台座でバランスをとりながら演じたことを考えると、彼が 10 枚のプレートをジャグリングをしていたという話も信用できるだろう。もし何か情報をお持ちの方がいたら、ぜひお聞きしたい。

プレートというのは、手から離すのが大変なのと握るのが難しいので、なかなか扱いが難しい道具ではあるが、新しいチャレンジとして挑戦すれば、9 枚、10 枚のプレートをフラッシュしているところをビデオに収めた最初の人になれるかもしれない。

和訳: 青木 直哉(AOKI Naoya)

David Cain is a professional juggler, juggling historian, and the owner of the world's only juggling museum, the Museum of Juggling History. He is a Guinness world record holder and 15 time IJA gold medalist. In addition to his juggling pursuits, David is a successful composer, songwriter, multi-instrumentalist, and singer as well as the author of twenty-six books. He and his children live in Middletown, OH (USA).

Leave a Reply