Strongman Jugglers Markus and Valentin Dikul – A Video Compilation

(日本語はこちら)

Strongman juggling, also known as power juggling, has roots in the early to mid-1800s, when jugglers such as Medua and Mooty Samme and their student Karl Rappo juggled heavy objects as part of their acts. Juggling superstar Paul Cinquevalli displayed tricks with a cannon ball at the turn of the twentieth century. The genre perhaps reached its pinnacle in the early 1900s with Paul Conchas and Paul Spadoni, about whom I’ve written before. Today, I’d like to look at videos of two more modern examples of performers of this now rare form of juggling.

Markus and Rosita

Markus and his assistant Rosita were a popular power juggling act in the 1970s and 1980s. Hailing from Austria, Markus, whose real name is Franz Ileschitz, demonstrated many traditional strongman juggling tricks, as you can see in the following photos and videos.

Markus and Rosita

Markus

*****

Valentin Dikul

Valentin Dikul was born in 1948 in Lithuania. In 1962, when Valentin Dikul was performing a circus routine in Kaunas, Lithuania, a cable on his trapeze snapped, sending him plummeting 15 meters to the floor and breaking his back in ten places. Doctors told him that he would never regain the use of his legs. He was 16 years old. He decided to ignore the doctors and went about working to regain his mobility.

Valentin trained for up to six hours a day lifting objects, stretching rubber bands and doing push-ups. However, his legs were still paralyzed. Suffering from pain in the spine and fatigue, he performed strength exercises and studied the medical literature on the spine, gathering as much information as he could. Medical professionals asked him to stop wasting time and effort, explaining that his injuries were permanent. This did not deter Dikul. He began to lift small weights at first, then gradually increased the weights, developing all the muscles of his back. Then he had the idea of moving the inactive parts of the body as if they were healthy. He tied a rope to his feet, passing it under the headboard, which acted as a the pulley. He used this system to move his feet. Then he began using counterweighted loads. His friends helped him build a system of weights and pulleys around his bed with he designed. Eight months later, he was discharged from the hospital.

He eventually moved on to the use of kettlebells, which lead not only to his further recovery, but to a career as a strongman juggler of great renown.

In 1988, the Dikul Center, a Russian rehabilitation center for patients with spinal injuries, was opened. Valentin directs the center today. A documentary about Dikul and his incredible story can be viewed below.

Below is another documentary about Valentin Dikul.

Power juggling is a rare form of juggling, but has begun to make a comeback. In a future article, we’ll look at other more modern examples of the genre.

ストロングマンジャグラー: マルクスとヴァレンティン・ディクル

ストロングマンジャグリングは、パワージャグリングとも呼ばれ、1800 年代の初期から中期にかけて、メドゥア(Medua)やムーティ・サム(Mooty Samme)、その弟子のカール・ラッポ(Karl Rappo)などのジャグラーが、演技の一部として重いものをジャグリングしたことに端を発する。20 世紀に入ると、ジャグリング界のスーパースター、ポール・チンクェヴァッリ(Paul Cinquevalli)が大砲の玉を使った芸を披露している。1900 年代初頭には、以前にも紹介したポール・コンチャス(Paul Conchas)とポール・スパドーニ(Paul Spadoni)によって、このジャンルは頂点に達したといえる。今回は、今となっては珍しくなったジャグリングパフォーマンスの中でも、比較的新しい例を 2 つ、ビデオで見てみたい。

マルクスとロジータ

 

マルクス(Markus)とアシスタントのロジータ(Rosita)は、1970 年代から 1980 年代にかけてパワージャグリングアクトを披露し、好評を博していた。オーストリア出身のマルクス(本名:フランツ・イレシッツ Franz Ileschitz )は、以下の写真とビデオで分かるように、古くからあるストロングマンジャグリングの技を数多く披露している。

マルクスとロジータ

マルクス

*****

ヴァレンティン・ディクル

ヴァレンティン・ディクル(Valentin Dikul)は、1948 年リトアニアに生まれる。1962 年、リトアニアのカウナスでサーカスの演技をしていた時に空中ブランコのケーブルが切れ、15 メートルの高さから床に落下し、背骨を 10 カ所折る怪我を負った。医師からは「もう脚を使うことはできないだろう」と宣告された。ディクルはまだ 16 歳であった。だが彼は医者の言葉を無視し、運動能力を回復するために努力を続けた。

物を持ち上げたり、ゴムバンドを伸ばしたり、腕立て伏せをしたりと、長い時で 1 日 6 時間にも及ぶトレーニングを行ったディクル。しかし、脚はまだ麻痺したままだった。背骨の痛みと疲労に悩まされながら、筋力トレーニングを行い、背骨に関する医学文献を調べ、できる限り多くの情報を収集した。医師からは「その怪我が治ることはない」と言われながらも、ディクルはあきらめなかった。最初は小さな重りを持ち上げ、徐々に重りを増やしていき、背中の筋肉を発達させていった。そして、体の動かない部分を、健康である時のように動かすやり方を思いついた。自分の足にロープを結び、それをベッドのヘッドボードに通して、滑車の役割をさせた。この仕組みで、足を動かした。そして次に、カウンターウェイトを使い始めた。友人らの助けにより、彼の設計の通りに、ベッドの周りに重りと滑車のシステムを構築した。8 ヵ月後、彼は病院を退院した。

やがて彼はケトルベルを使うようになり、なんと、ただ怪我から回復しただけでなく、ストロングマンジャグラーとしても有名になったのだった。

1988 年には、脊髄損傷者のために、リハビリテーションセンターの「ディクル・センター」がロシアに開設された。ヴァレンティンは現在、同センターを指揮している。ディクルと彼の驚くべき物語を描いたドキュメンタリーが以下である。

以下は、バレンティン・ディクルについての別のドキュメンタリーだ。

パワージャグリングは今となっては珍しいが、復活の兆しも見えている。次回の記事では、現代にこのジャンルで活躍している例を紹介してゆく。

和訳: 青木 直哉(AOKI Naoya)

David Cain is a professional juggler, juggling historian, and the owner of the world's only juggling museum, the Museum of Juggling History. He is a Guinness world record holder and 15 time IJA gold medalist. In addition to his juggling pursuits, David is a successful composer, songwriter, multi-instrumentalist, and singer as well as the author of twenty-six books. He and his children live in Middletown, OH (USA).

Leave a Reply