The Sloped Net Learning Method

(日本語はこちら)

When teaching a beginner how to do a three ball cascade, many juggling instructors, myself included, suggest that the student stand with their front thighs against a table, bed, or couch. That way, when drops occur, it is easier to pick up the dropped ball from the piece of furniture rather than from the floor. A few others have had the idea of taking this suggestion a bit further.

I was recently shown a patent for a “Juggling Aid and Training Apparatus” that was filed by James D. Corridon in 2009. The invention was described in the following way:

An apparatus for assisting in learning the art of juggling comprises a sloping net which is supported by a structure or worn by the juggler himself, whereby any errantly thrown or dropped balls are caught by the net and returned to close proximity of the juggler so that he can easily pick them up and begin to juggle again. Thus the juggler is relieved of and no longer required to waste time and energy chasing lost balls and more importantly having to bend over or squat down to the floor surface to retrieve them.

The patent included two versions of Corridon’s idea. The first was a net that was placed on a table that sloped down toward the juggler, bringing the balls or beanbags right to the student. You can see an illustration of this from the patent below.

This idea was taken further by surrounding the juggler with a net that sloped inward, as seen in the following illustration.

The patent was eventually abandoned. I don’t know the cause of this, but I do know that James Corridon wasn’t the first person to think of this idea. It is actually close to a hundred years old, at least. Two famous jugglers hailing from Russia who were born near the beginning of the twentieth century both used this type of apparatus to learn to juggle 9 balls.

Serge Flash

Serge Flash was born Serge Fomitcheff in 1904 in Moscow, Russia. At the age of 8, Serge was adopted by the Andos Troupe, a group of Japanese jugglers and perch pole performers. Serge started working in the Andos Troupe as part of the perch pole act and then moved to the “Slide For Life,” sliding down an inclined tight wire. He hated both of these acts and was treated quite poorly by Mr. Andos, the troupe’s leader. After a year or so, Serge decided that he’d like to copy the jugglers in the troupe and began practicing with their sticks in secret. When Mr. Andos learned that Serge had been practicing, he ordered one of the troupe’s two jugglers to start to train the boy. For the next four years, he practiced with the Japanese sticks until he could juggle five. He then started to work with small balls and was amazed at how easy they were in comparison. He then learned ball and mouth stick juggling, for which Serge would became famous. After seven years of performing with the Adnos Troupe, Serge quit the group because Mr. Adnos refused to buy Serge a new shirt, as his costume shirt was falling apart. 15 year old Serge went out on his own, finally free of the oppressive Mr. Andos.

Serge Flash

At some time during the 1920s, Serge befriended Enrico Rastelli. The two practiced together and became good friends. When Serge began performing 9 balls in his act, he received congratulations from abroad from Rastelli. Serge performed 9 balls for quite some time. He practiced the skill by attaching a net to a belt that he wore. The outer parts of the net were attached to poles, so that when the juggler dropped, the balls would roll back to him. This allowed Serge to practice 9 balls without chasing them around the room and bending over repeatedly. It took him nine years to learn 9 balls well enough to perform the feat. You can learn more about Serge Flash by clicking here.

Massimiliano Truzzi

Born in Lodz, Poland on December 4, 1903, Massimiliano Truzzi belonged to a famous Russian/Italian circus family. He learned to juggle from his father, who was an equestrian juggler, as well as from the legendary Enrico Rastelli, who worked for Circus Truzzi in Russia. In 1940, he came to the United States to work for the Ringling Brothers, Barnum and Bailey Circus. He was the first performer to do his entire act solo in the center ring for RBB&B at Madison Square Garden. Massimiliano continued to perform until 1960, when he retired from show business. He then managed a hotel in Sarasota, Florida until his death by heart attack in 1974.

Massimiliano Truzzi juggling 6 plates while heading a ball

In Alexander Kiss’ book If You Are A Juggler, Kiss wrote that Truzzi “fastened a kind of gigantic skirt above his knees with the edges held up by wires. When he dropped objects, they rolled back to him.” Truzzi used this method to learn 9 balls just like Serge Flash. You can learn more about Massimiliano Truzzi by clicking here.

Ronald Graham

Serge Flash and Massimiliano Truzzi weren’t the last jugglers to use this idea. Famed mathematician and hobbyist juggler Ronald Graham, the chief scientist at Bell Labs, utilized this same method. His obituary on the Simons Foundation website says the following.

It was at Bell Labs that the Stanford mathematician and statistician Persi Diaconis first met Graham, in 1978. Interviewing for a job, Diaconis walked into Graham’s office and found him juggling, standing in the middle of a net attached to the four corners of the room and tied at his waist. He had rigged up this contraption to avoid having to pause and bend over to pick up errant balls; instead, when he dropped a ball it would fall into the net and roll back to him, and Graham could resume almost without interruption. Diaconis recalls, “I thought, ‘Oh, this is going to be interesting.’ And it was.”

While Graham only ever learned to juggle six balls, he found the system worked well for him.

Al Forbes

Another more modern juggler who used this idea was New Zealand juggler Al Forbes, who juggled within a suspended cage in the mid-1980s.

Al Forbes

Albert Lucas

A variation of of the sloped net is the use of a room with a sloped floor. Albert Moreira, the father of well-known juggler Albert Lucas, built a room with high ceilings, which he painted black, and a floor that sloped toward the middle so that Lucas could practice ten balls and have any dropped balls roll back to his feet.

Albert Lucas 

Maybe an aspiring numbers juggler with high ceilings will use this sloped net apparatus to achieve new records.

傾斜付きネット練習法

初心者に 3 ボールカスケードのやり方を教えるとき、テーブルやベッドやソファなどの前に立って練習することを勧めることが多い。筆者もそうだ。そうすれば、ボールを落としても、床までかがむ必要がない。だが、このアイデアをさらに推し進めようと考えた人たちがいる。

先日、ジェームズ・D・コリドン(James D. Corridon)氏が 2009 年に出願した「ジャグリング用補助および訓練器具」の特許を見せてもらった。その発明は、次のように説明されていた。

「ジャグリングの技術を習得するための補助装置は、構造物によって支持されるか、ジャグラー自身が着用する傾斜したネットからなり、それによって、誤って投げられたり、落とされたボールがネットに捕えられ、ジャグラーの近くに戻されるため、簡単にそれを拾って再びジャグリングを始めることができる。このようにしてジャグラーは、落としたボールを追いかける時間とエネルギーの浪費から解放され、さらに、床に屈んだりしゃがんだりしてボールを回収する必要がなくなる」

特許には、コリドン氏のアイデアとして 2 つのバージョンが掲載されていた。1 つは、テーブル上にネットを置き、ジャグラーに向かって傾斜させ、ボールやビーンバッグを学習者のすぐそばまで持ってくるというものである。以下は特許に掲載されたその図解。

このアイデアはさらに発展し、次の図のように、内側に傾斜したネットでジャグラーを囲む案もあった。

この特許は結局拒絶された。その詳細は不明だが、このアイデアを考えたのは、ジェームス・コリドンが最初ではないことは確かである。これには少なくとも 100 年近い歴史がある。20 世紀初頭に生まれたロシア出身の 2 人の有名なジャグラーが、ともにこのタイプの器具を使って、9 ボールジャグリングを習得している。

セルジュ・フラッシュ(Serge Flash)

セルジュ・フラッシュは、1904 年にロシアのモスクワでセルジュ・フォミチェフ(Serge Fomitcheff)として生まれた。8歳の時、日本のジャグラーとパーチポールパフォーマーのグループであるアンドー一座の養子になった。セルジュは初め、アンドー一座の中でパーチポールパフォーマーとして働き、その後傾斜したタイトワイヤーを滑り降りる「スライド・フォー・ライフ」という演目をするようになる。彼はこの 2 つの演目が大嫌いだった上、一座のリーダーであるアンドー氏からかなりひどい扱いを受けていた。1 年ほどして、セルジュは一座のジャグラーを真似して、密かにバチの練習を始めた。セルジュが密かに練習していることを知ったアンドー氏は、一座のジャグラー 2 人のうち 1 人に命じて、セルジュの特訓を始めた。それから 4 年間、セルジュは日本式のバチを 5 本投げられるようになるまで練習した。その後小さな玉を使うようになると、その相対的な容易さに驚かされる。ボールとマウススティックのジャグリングを習得し、セルジュはこのジャグリングで有名になる。アンドー一座に 7 年間在籍した後セルジュは、アンドー氏がセルジュの衣装がボロボロになったにも拘らず新しいシャツを買ってくれなかった、という理由で一座を脱退した。15 歳のセルジュは、ようやくアンドー氏から解放され、独立した。

セルジュ・フラッシュ

1920 年代のある時期、セルジュはエンリコ・ラステッリ(Enrico Rastelli)と友好関係を築いている。2 人は共に練習し親交を深めた。セルジュが 9 ボールを演技で披露し始めたとき、海外にいたラステッリからお祝いももらっている。セルジュはかなり長い間、 9 ボールを演じていた。この技を練習する時には、ベルトに網を付けたものを使用していた。ネットの外側にはポールがついていて、ボールが落ちた時には手元に転がってくるようになっている。これによって、セルジュは部屋中でボールを追いかけ回したり、何度も屈んだりすることなく 9 ボールの練習ができた。9 ボールの習得には 9 年の歳月を要したという。セルジュ・フラッシュについて、詳しくはこちら(英語)

マッシミリアーノ・トルッツィ(Massimiliano Truzzi)

1903 年 12 月 4 日、ポーランドのウッチで生まれたマッシミリアーノ・トルッツィは、ロシア人とイタリア人からなる有名なサーカス団の家系に属していた。馬術の曲芸師だった父と、ロシアでサーカス・トルッツィのために働いていた伝説のジャグラー、エンリコ・ラステッリからジャグリングを学ぶ。1940 年に渡米し、リングリング・ブラザーズ・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスで働くようになった。マディソン・スクエア・ガーデンで行われた公演において、センターリングで全演技をソロでこなした最初のパフォーマーとなった。マッシミリアーノは 1960 年までパフォーマンスを続け、ショービジネスから引退、その後、1974 年に心臓発作で亡くなるまで、フロリダ州サラソタでホテルを経営していた。

6 枚のプレートを使ってジャグリングするマッシミリアーノ・トルッツィ。

アレクサンダー・キスの著書『If You Are A Juggler』で、キスはトルッツィについて「膝上に巨大なスカートのようなものを留め、その広がった縁をワイヤーで支えていた。物を落としても、手元に転がり戻ってきた」と書いている。トルッツィはこの方法で、セルジュ・フラッシュと同じように 9 ボールを覚えた。マッシミリアーノ・トルッツィについて、詳しくはこちら(英語)

ロナルド・グラハム(Ronald Graham)

このアイデアを使ったジャグラーは、セルジュ・フラッシュとマッシミリアーノ・トゥルッツィだけではない。有名な数学者であり、趣味でジャグリングをやっていた、ベル研究所の主任科学者であるロナルド・グラハムも、これと同じ方法を利用していた。サイモンズ財団のサイトにある彼の追悼文には、次のように書かれている。

「スタンフォード大学の数学者、統計学者であるペルシー・ディアコニス(Persi Diaconis)がグラハムと初めて会ったのは、1978 年、ベル研究所であった。面接に来たディアコニスがグラハムのオフィスに入ると、部屋の四隅に取り付けられた網を腰のところに固定し、その真ん中でジャグリングをしていた。グラハムがボールを落とすと、ボールがネットを伝って転がって戻ってくる仕組みだ。ディアコニスは、『ああ、これは面白いことになりそうだ』と思った。事実、とても面白いものだった」

グラハムが最終的にマスターしたのは 6 ボールのジャグリングまでだったが、少なくとも彼にとっては、このシステムがうまく機能していた。

アル・フォーブス(Al Forbes)

さらに時代を下ってこのアイデアを使ったジャグラーは、ニュージーランドのアル・フォーブスである。1980 年代半ばに、吊り下げられたケージの中でジャグリングをしていた。

アル・フォーブス

アルバート・ルーカス(Albert Lucas)

傾斜付きネットのバリエーションとして、床に傾斜が付いた部屋、というものがある。アルバート・ルーカスの父親であるアルバート・モレイラは天井の高い部屋を作り、さらに天井を黒く塗り、床は中央に向かって傾斜させ、ルーカスが 10 ボールの練習をする際に、落とした玉が足元に転がってくるようにした。

アルバート・ルーカス

やる気に溢れたナンバーズジャグラーは、この傾斜ネットを使えば、新たな記録を樹立できるかもしれない。

和訳: 青木 直哉(AOKI Naoya)

David Cain is a professional juggler, juggling historian, and the owner of the world's only juggling museum, the Museum of Juggling History. He is a Guinness world record holder and 15 time IJA gold medalist. In addition to his juggling pursuits, David is a successful composer, songwriter, multi-instrumentalist, and singer as well as the author of twenty-six books. He and his children live in Middletown, OH (USA).

Leave a Reply