Three Talented But Little-Known East German Jugglers

(日本語はこちら)

During the Cold War between the United States and the Soviet Union, Germany was split between West Germany (allied with the United States) and East Germany (allied with the Soviet Union). Today we’ll look at three popular East German jugglers. I have found very little information about their lives and careers, but I’m hopeful that the publishing of this article will bring new information.

Walter Hauenstein

Walter Hauenstein was a talented juggler and antipodist who demonstrated a variety of high level skills. While he was mainly known as a foot juggler, he was also quite adept at toss juggling on a rolling globe, slack wire, and rola bola. It is unknown when he began performing, but he was still on stage in the early 1950s, as the Cold War was in its early stages.

Walter Hauenstein

Walter Hauenstein

Horst

Walter Hauenstein’s son was Horst, who specialized in very technical juggling with tennis rackets, rings, and clubs and performing combination tricks, usually on a rolling globe. He started his career as a child around 1940 and he was a popular performer in the 1950s.

Horst

Horst 1940

Horst

Horst 1954

Horst 1954

Horst

Corny

Corny was a juggler from Zwickau, East Germany. He specialized in combination tricks on a rolling globe and juggling inverted while doing a headstand. He made his professional debut in 1956 at the Magic of Youth show in East Berlin. He performed at least until the mid 1970s. Not much else is known about him.

Corny 1959

Corny 1961

Corny 1967

Corny 1973

Corny

Corny

You can see highlights of Corny’s act starting at the 7:27 mark of the video below.

If you know anything more about these three jugglers, please pass on the information to me.

東独時代の知られざるジャグラーたち

米ソ冷戦時代、ドイツは西ドイツ(米国との同盟)と東ドイツ(ソ連との同盟)に分裂していた。この記事では、東ドイツで有名だったジャグラー 3 人を紹介しよう。彼らの人生やキャリアに関する情報はほとんど見当たらないが、この記事の公開により新しい情報がもたらされることを期待している。

Walter Hauenstein(ヴァルター・ハウエンシュタイン)

Walter Hauenstein は、非常に腕の立つジャグラーであり、アンティポディスト(訳者註: 逆さになって脚で技を行うジャグラー)だった。さまざまな種類のジャグリングで、ハイレベルの技術を誇った。主に脚を使うジャグラーとして知られているが、大玉、スラックワイヤー、ローラボーラの上でのトスジャグリングも得意とした。パフォーマンスを始めた時期については不明だが、冷戦初期の 1950 年代初頭にはまだ舞台に立っていたことがわかっている。

Walter Hauenstein

Walter Hauenstein

Horst(ホルスト)

Walter Hauenstein の息子である Horst は、テニスラケット、リング、クラブを使った非常に高度なジャグリングやコンビネーション技を、大玉に乗りながら行うことを得意とした。まだ子供だった 1940 年頃から活動を始め、1950 年代にはすでにパフォーマーとして人気を誇っていた。

Horst

Horst 1940 年

Horst

Horst 1954 年

Horst 1954 年

Horst

Corny(コルニー

Corny は、東ドイツ・ツヴィッカウ出身のジャグラー。大玉の上でのコンビネーション技と、頭で倒立をしながらのジャグリングを得意とした。1956 年、東ベルリンの Magic of Youth ショーでプロデビュー。少なくとも 1970 年代半ばまで活躍した。その他のことについてはあまり知られていない。

Corny 1959 年

Corny 1961 年

Corny 1967 年

Corny 1973 年

Corny

Corny

以上 3 人のジャグラーについて何か詳細をご存知でしたら、ぜひ情報をお寄せください。

和訳: 青木 直哉(AOKI Naoya)

David Cain is a professional juggler, juggling historian, and the owner of the world's only juggling museum, the Museum of Juggling History. He is a Guinness world record holder and 15 time IJA gold medalist. In addition to his juggling pursuits, David is a successful composer, songwriter, multi-instrumentalist, and singer as well as the author of twenty-six books. He and his children live in Middletown, OH (USA).

Leave a Reply