What A Show! – Four Famed Juggling Troupes In One Circus: Part 1

(日本語はこちら)

Two years ago, my brother Scott and I wrote an article discussing ideal years to time travel to in order to see the greatest number of iconic jugglers of the past.  You can read that article here. But what if you could only see one show from history? What single performance would allow you to glimpse the most juggling history at once? I would argue that seeing a performance of the Ringling Brothers Circus in 1906 might just be the best choice. The circus included four famed juggling teams of the time, all of which are still remembered today. The four acts are shown in the following poster for the circus.

1906 Ringling Brothers Circus Poster

Let’s take a look at the first two of these four acts.

The Normans

The Normans was a five-person juggling troupe who pioneered passing clubs while doing two and three person high formations with team members standing on another member’s shoulders. The team consisted of Fred Albright, Duke Johnson, Red Johnson, Lou George, and Stanley Goddard. As you can see from some of the photos below, the members of the team started as teens or even young children.

1912

Eventually, one of the members dropped out and the team became a foursome.

*****

The Onri Troupe

The Onri Troupe, led by Archie Onri, specialized in restaurant juggling, devil sticks, and hand bell juggling, with the latter two often performed on rolling globes.

The Onri Troupe performing their restaurant juggling act

The Onri Troupe juggling hand bells and devil sticks on rolling globes

In 1920, Archie Onri attempted to form the Society of American Jugglers, the first ever juggling organization. He was not successful in doing so, however. You can learn more about this attempt by clicking here.

*****

Imagine trying to take in one ring of incredible acrobatic club passing by the Normans while the next ring is filled with plates, furniture, devil sticks, and hand bells being tossed about by the Onri Troupe. And that is just from the two lesser known juggling acts in the show. In Part 2, we’ll examine the other two famous juggling teams on the bill and learn about a surprise fifth juggling act that was also a part of the circus at the time.

理想のショー – 4 つのチーム、 1 つのサーカス: 前編

2 年前、弟のスコットと共著で、「かつて活躍した代表的なジャグラーをなるべく多く見るには、どの時代にタイムトラベルするのが理想的か」という記事を書いた。 その記事はこちら(英語)。だが、もし歴史上たった 1 つのショーを選ぶとしたら? ジャグリング史に残る歴史的な演技を最大限に見ることができるのは、一体どのパフォーマンスだろうか。筆者は、1906 年のリングリング・ブラザーズ・サーカスの公演がベストだろうと考える。このサーカスには、当時の有名なジャグリングチームが 4 つも入っており、いずれも現代にその名を残すチームである。以下のポスターに、4 つのチームすべてが掲載されている。

1906年 リングリング・ブラザーズ・サーカス ポスター

 4 つの演目のうち、最初の 2 つを見てみよう。

ザ・ノルマンズ

ザ・ノルマンズは 5 人組のジャグリング集団で、メンバーが他のメンバーの肩の上に立って、2 人または 3 人の、高さのあるフォーメーションを組んでのクラブパッシングを開拓した。チームは、フレッド・オルブライト、デューク・ジョンソン、レッド・ジョンソン、ルー・ジョージ、スタンリー・ゴダード(Fred Albright, Duke Johnson, Red Johnson, Lou George, Stanley Goddard)の 5 人で構成されていた。以下の写真からもわかるように、メンバーは 10 代、あるいは幼少期から活動していた。

1912 年

やがてメンバーの一人が脱落し、4 人編成となった。

*****

オンリ一座

アーチー・オンリ(Archie Onri)率いるオンリ一座は、レストラン・ジャグリング、デビル・スティック、ハンドベル・ジャグリングを得意とし、後者 2 つは、玉乗りをしながら演じられることもあった。

レストラン・ジャグリングを披露するオンリ一座

玉乗りをしながら、ハンドベルとデビルスティックのジャグリングをするオンリ一座

1920 年、アーチー・オンリは、アメリカン・ジャグラーズ協会(Society of American Jugglers)を結成しようとした。しかし、その計画は失敗に終わった。経緯の詳細はこちら(英語)

*****

ザ・ノルマンズによるアクロバティックなクラブパッシングを見たあと、次の演目ではオンリ一座によって投げられる皿、家具、デビルスティック、ハンドベルで埋め尽くされる。しかもこれら、どちらかというと名が知られていない方の演目 2 つなのだ。後編では、もう 2 つの著名なジャグリングチームについて見ていき、ポスターには載っていない 5 番目のジャグリングアクトについても紹介する。

和訳: 青木 直哉(AOKI Naoya)

David Cain is a professional juggler, juggling historian, and the owner of the world's only juggling museum, the Museum of Juggling History. He is a Guinness world record holder and 15 time IJA gold medalist. In addition to his juggling pursuits, David is a successful composer, songwriter, multi-instrumentalist, and singer as well as the author of twenty-six books. He and his children live in Middletown, OH (USA).

Leave a Reply