1

What A Show! – Four Famed Juggling Troupes In One Circus: Part 2

(日本語はこちら)

Two years ago, my brother Scott and I wrote an article discussing ideal years to time travel to in order to see the greatest number of iconic jugglers of the past.  You can read that article here. But what if you could only see one show from history? What single performance would allow you to glimpse the most juggling history at once? I would argue that seeing a performance of the Ringling Brothers Circus in 1906 might just be the best choice. The circus included four famed juggling teams of the time, all of which are still remembered today. The four acts are shown in the following poster for the circus.

1906 Ringling Brothers Circus Poster

In Part 1 of this article, we examined the Normans and the Onri Troupe. Let’s take a look at the next two of these four acts.

Ollie Young and Brother

Ollie Young (1875 – 1946) was born Oliver R. Young in Columbus, Ohio (USA) to John and Madeline Young. He was a member of a large pioneer family and had at least three brothers and three sisters. As a boy, he worked as a courier for the Columbus Dispatch newspaper and would often deliver messages to William G. McKinley, then governor of Ohio, and later President of the United States. It isn’t known when or how he learned to juggle, but it is believed that he was an early assistant of William Everhart, the originator of hoop rolling. Both men lived in Columbus, Ohio and Young was certainly one of the earliest hoop rolling jugglers, sometimes even credited as the first to do the act. Young was also the only juggler to pay Everhart a royalty for performing hoop rolling, further strengthening the evidence that he was Everhart’s assistant at some point.

Ollie Young 1900

Regardless of how and when he learned, by 1895, at the age of 20, Ollie Young was a talented juggler, best known for his work with clubs. A review from that year from a performance in nearby Marion, Ohio states, “Ollie Young is a juggler of jugglers. Young’s performance with the clubs is absolutely the best we have ever seen on any stage. No use talking, the grand entree was the hit of the show It was superb.” Young was the first juggler ever seen by famous club juggler and prop maker Harry Lind. Lind wrote, “In the spring of 1898 I saw Ollie Young with Field’s Minstrels and that summer at Celoron Park. After the park season closed Ollie came here and practiced at Allen’s Opera House before going to New York City to open at Koster & Bial’s Music Hall. I was a privileged character at the Opera House and so was permitted to watch Ollie practice. He was a great club juggler, doing four club tricks, foot balance, and the three clubs thrown right and left between legs. Though I have seen many do this latter trick since, no one in my opinion equaled the ease with which Ollie accomplished it. He first did four clubs at Hartman’s Opera House, Columbus, Ohio in 1898, at the start of the season with Field’s Minstrels. Ollie had a one sheet litho showing him using four clubs, a copy of which is in my collection, and to my knowledge this is the only “one sheet” to be used by a club juggler.”

Ollie Young

Ollie Young was credited by his contemporaries as the inventor of kick ups with clubs, using the step over, crossed legged version. He was also one of the first to do complex tricks with three and four clubs. He and Morris Cronin were considered the best club jugglers prior to the start of the twentieth century. In 1900, Ollie Young was the first juggler included in Edward Van Wyck’s “America and Europe’s Greatest Jugglers” with a billing of “Greatest Of All” and “World’s Superior Club Expert.” It is known that Young was with the Field Show for two seasons and then spent a season with the Lew Dockstader Minstrels near the beginning of his career.

Ollie Young

In 1901, Young began performing with one of his brothers as “Ollie Young and Brother.” The name of the brother is never mentioned, but we’ll examine the prime suspect a bit later. Advertisements, photos, and reviews for “Ollie Young and Brother” can be found from 1901 to 1909. This pairing marked a major shift for Young, for no mention of him juggling clubs is ever made once he took a partner. The majority of the act now consisted of hoop rolling, with some boomerang throwing and diabolo work included as well. Young was one of the first, if not the first, to perform with boomerangs on the vaudeville stage. In 1906, Ollie Young and Brother toured with Ringling Brothers.

Ollie Young and Brother 1902

Ollie Young and Brother 1903

Ollie Young and Brother 1904
Ollie Young and Brother 1911
So, who was this brother? I suspect it was Dewitt Young, who went on to have a performing career apart from Ollie, performing as DeWitt Young and Sister with a female assistant who may or may not have been the brothers’ actual sister. Like Ollie Young and Brother, the pair performed with hoops and boomerangs.
One might think that this answers the question of the brother’s identity, but there’s a wrinkle in this mystery. In 1907, Ollie Young and Brother became Ollie Young and 3 Brothers with the addition of two more performers. Again, it’s not known if these are the actual siblings of Ollie and DeWitt or not.
Starting in 1909, Ollie Young started performing with his wife Adah. You can learn more about Ollie Young by clicking here and here.
*****
The Mowatts

Ben Mowatt and his son, Ben Jr., are known for being the first jugglers to accomplish several important feats. The two most important are being the first (or possibly second or third) person to juggle five clubs (Ben Mowatt Jr.) and the first duo to pass 8 clubs.

Ben and Ben Jr. passing 8 clubs in 1903

Ben and Ben Jr. passing 6 clubs back to back 1903

Ben Mowatt first formed the Mowatts in 1895 with Ben Jr. and John Whitfield prior to having Ben’s son Arthur, Tommy Banahan, and others join the troupe. The number of troupe members varied quite often, with Ben and Ben Jr. sometimes performing as a duo and sometimes with additional members. Ben Mowatt Senior is credited as the first person to create acts for three and four person passing troupes. They were also known for the great speed of their club passing. Below is an early poster dating from 1897 and four pictures of the larger Mowatt Troupe in 1908, 1910, 1912, and 1916. It is known that in 1907 the troupe had 7 members.

MowattsPoster41897

Mowatts111908Mowatts12

1910

NewMowattsPoster

1912

Ben Jr. later performed two person acts with his brother Arthur and with John Beahan, as well as with his wife, Billie. These troupes were often billed as the New Yorkers and performed well into the 1940s, at least. Below are two videos from 1936 showing Ben Jr. and partners as the New Yorkers, but first is a screen cap showing which juggler is Ben Jr.

BenMowattJr2

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=uyT0azAJIJw]
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=nmQFJBHvr5U]
******
Now that we’ve discussed the four acts featured on the poster, let’s imagine seeing all of these skills displayed at one time in the circus. You would have the multi-level club passing of the Normans, the restaurant juggling, devil stick, and hand bell juggling of the Onri Troupe, the hoop rolling of Ollie Young and Brother, and the speedy club passing of the Mowatts. It must have been a sight to behold if, in fact, they were all performing at the same time. Regardless, having them in the same show is amazing. But wait; there’s more! Also touring with the circus that year was Tahara’s 7 Juggling Japs. To be able to see the four earlier troupes and a troupe of Japanese jugglers would be truly remarkable. I can’t find any information about this troupe, but they are listed on the bill for the circus that season, along with the four troupes discussed earlier.
There have been some modern juggling shows at IJA or EJC gatherings that brought together multiple world class acts, such as IJA 1991 featuring Sergei Ignatov and Anthony Gatto. But for a single show from longer ago, I think it would be hard to beat the Ringling Brothers Circus of 1906.

 

理想のショー – 4 つのチーム、 1 つのサーカス: 後編

2 年前、弟のスコットと共著で、「かつて活躍した代表的なジャグラーをなるべく多く見るには、どの時代にタイムトラベルするのが理想的か」という記事を書いた。 その記事はこちら(英語)。だが、もし歴史上たった 1 つのショーを選ぶとしたら? ジャグリング史に残る歴史的な演技を最大限に見ることができるのは、一体どのパフォーマンスだろうか。筆者は、1906 年のリングリング・ブラザーズ・サーカスの公演がベストだろうと考える。このサーカスには、当時の有名なジャグリングチームが 4 つも入っており、いずれも現代にその名を残すチームである。以下のポスターに、4 つのチームすべてが掲載されている。

1906年リングリング・ブラザーズ・サーカス ポスター

前編では、ザ・ノルマンズとオンリ一座について見た。今回は、4 つの演目のうち、残る 2 つを見る。

オリー・ヤング・アンド・ブラザー

オリー・ヤング(Ollie Young)(1875 – 1946)は、米国オハイオ州コロンバスで、ジョン・ヤングとマデリン・ヤングの間に、本名オリバー・R・ヤングとして生まれた。大家族を持つ開拓者の一員であり、少なくとも 3 人の兄弟と 3 人の姉妹がいた。少年時代には「コロンバス・ディスパッチ」紙の運び屋として働き、当時のオハイオ州知事、のちの大統領であるウィリアム・G・マッキンリーにメッセージを届けることも時折あったようだ。彼がいつどのようにしてジャグリングを覚えたかは不明だが、フープロールの元祖であるウィリアム・エバーハート(William Everhart)の初期のアシスタントだったと考えられている。2 人ともオハイオ州コロンバスに住んでおり、実際、ヤングは早期にフープロールをしていたジャグラーで、この演技を最初に行った人物であると語られる場合もある。また、ヤングはエバーハートに対し、フープロールを行うためにロイヤリティを支払った唯一のジャグラーであり、この事実は、彼がどこかの時点でエバーハートのアシスタントだったという仮説を強固なものにしている。

オリー・ヤング 1900 年

いつどのようにジャグリングを学んだかは置いておくとして、1895 年、彼が 20 歳のとき、オリー・ヤングはすでに才能あるジャグラーであり、クラブの演技で一番よく知られていた。その年のオハイオ州マリオン近郊での公演のレビューには、「オリー・ヤングはジャグラーの中のジャグラーだ」と書かれている。ヤングのクラブを使ったパフォーマンスは、今まで見たどのステージより最高である。しゃべる必要はなし、グランドエントリーは、ショーのヒットだった。見事だ」 ヤングは、有名なクラブジャグラーで道具メーカーであるハリー・リンド(Harry Lind)が初めて見たジャグラーだった。リンドは以下のように書いている。「1898 年の春、私はオリー・ヤングをフィールド率いるミンストレル(訳者註: 白人が顔を塗って黒人を演じるショー)で見て、夏にはセロロン・パークで見た。パークのシーズンが終わると、オリーはここに来てアレンのオペラハウスで練習した後、ニューヨークのコスター&バイアルのミュージックホールで演技をした。私はオペラハウスでも特別な人間だったので、オリーの練習を見ることができた。4 クラブのトリック、フットバランス、そして 3 本のクラブを足の下を通して右へ左へと投げる、素晴らしいクラブジャグラーであった。特に 3 クラブのこの技に関しては、この技を行う多くのジャグラーを後に見たが、オリーほど軽々とやってのける人はいなかったように思う。彼は 1898 年にオハイオ州コロンバスのハートマンズ・オペラハウスで、フィールド率いるミンストレルとともに、シーズン初めに 4 クラブを披露した。オリーは、彼が 4 クラブをしているところを写した 1 枚のリトグラフを持っていて、そのコピーは私のコレクションにある。私の知る限り、これはクラブジャグラーが使った唯一の『1枚』である」

オリー・ヤング

オリー・ヤングは、一歩踏み出して足を交差させた状態からのクラブキックアップの発明者として、同時代の人々から評価されている。また、3、4 クラブで複雑なトリックを最初に行った 1 人でもある。彼とモリス・クローニン(Morris Cronin)は、20 世紀を目前とした時期の、最高のクラブジャグラーと見なされていた。1900 年、オリー・ヤングは、エドワード・ヴァン・ウィック(Edward Van Wyck)の『アメリカとヨーロッパの偉大なジャグラーたち(America and Europe’s Greatest Jugglers)』の中で、「最高のジャグラー」 そして「世界最高峰のクラブエキスパート」と銘打たれた最初のジャグラーであった。ヤングはフィールドのショーに 2 シーズン在籍し、その後、キャリアの初期にルー・ドックスター・ミンストレルズで 1 シーズン過ごしたことが知られている。

オリー・ヤング

1901 年、ヤングは兄弟のうち一人とともに、 「オリー・ヤング・アンド・ブラザー 」として公演を開始した。その兄弟の相方の名前は出てこないが、可能性のある候補については後で少し検証してみよう。オリー・ヤング・アンド・ブラザーに関する広告、写真、批評は 1901 年から 1909 年まで見つけることができる。このコンビ結成はヤングにとって大きな変化であり、二人組になって以後は、クラブをジャグリングした話は一切出てこない。演技の大部分はフープを転がすもので、ブーメランスローやディアボロの演技も含まれていた。ヤングは、ボードビルの舞台でブーメランを使った最初期のパフォーマーの一人であった。1906 年、オリー・ヤング・アンド・ブラザーはリングリング・ブラザーズのツアーに同行した。

オリー・ヤング・アンド・ブラザー 1902 年

オリー・ヤング・アンド・ブラザー 1903 年

オリー・ヤング・アンド・ブラザー 1904 年
オリー・ヤング・アンド・ブラザー 1911 年
さて、では兄弟の方は誰だったのだろうか? これは、オリーとは別に、デウィット・ヤング・アンド・シスターとして、実の姉妹かどうか判然としない女性アシスタントと共演し、活躍したデウィット・ヤング(Dewitt Young)ではないかと思われる。オリー・ヤング・アンド・ブラザーのように、2 人はフープとブーメランを使ったパフォーマンスを行っていた。
これで兄弟の正体についての疑問が解けたと思うかもしれないが、しかしまだ謎は残る。1907 年、オリー・ヤング・アンド・ブラザーは、さらに 2 人のパフォーマーを加え、オリー・ヤング・アンド・スリー・ブラザーズとなった。ここでも、他の 2 人がオリーとデウィットの実の兄弟であるかどうかは不明である。
1909 年から、オリー・ヤングは妻のアダ(Adah)と一緒にパフォーマンスをするようになった。オリー・ヤングについての更なる詳細はこちら(英語)こちら(英語)で。
*****
ザ・モワッツ

ベン・モワット(Ben Mowatt)と彼の息子、ベン・Jr. は、重要な偉業を成し遂げた最初のジャグラーとして知られている。その中でも特に重要なのは、5 クラブをジャグリングした最初(あるいは 2 番目か 3 番目)の人物であること、そして、8 本のクラブをパスした最初の 2 人組であるということだ。

1903 年、8 本のクラブをパスするベンとベン・Jr.

6 本のクラブをバック・トゥ・バックでパスするベンとベン・Jr. 1903 年

ベン・モワットは 1895 年にベン・Jr. とジョン・ウィットフィールド(John Whitfield )でザ・モワッツを結成し、その後ベンの息子アーサー、トミー・バナハンなどが一座に加わった。一座のメンバーの人数は、ベンとベン・Jr. がデュオで演じることもあれば、追加メンバーを加えて演じることもあり、かなり頻繁に変化していた。ベン・モワット・シニアは、3、4 人のパッシングチームの演技を初めて作った人物とされている。また、クラブパッシングのスピードでとても速いことで知られていた。下の写真は、1897 年の初期のポスターと、1908 年、1910 年、1912 年、1916 年の大きくなったザ・モワッツの 4 枚の写真である。1907 年には、一座のメンバーは 7 人であったことが知られている。

MowattsPoster41897 年

Mowatts111908 年Mowatts12

1910 年

NewMowattsPoster

1912 年

ベン・Jr. はその後、兄弟のアーサー、ジョン・ビーハン、そして妻のビリーと 2 人のアクトを始める。この座組みではザ・ニューヨーカーズと称されることもあり、少なくとも 1940 年代まで演技をしていた。以下は、1936 年の 2 つのビデオでは、ベン・Jr. とパートナーがニューヨーカーズとして出演している。以下の切り抜きに映るジャグラーがベン・Jr. である。

BenMowattJr2

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=uyT0azAJIJw]
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=nmQFJBHvr5U]
******
さて、ポスターに描かれている 4 つの演目について説明してきたが、これらが一度にサーカスで披露されるところを想像してみよう。ザ・ノルマンズの高低差を活かしたクラブパッシング、オンリ一座のレストラン・ジャグリング、デビルスティック、ハンドベル・ジャグリング、そしてオリー・ヤング・アンド・ブラザーのフープロール、そしてザ・モワッツのスピード感あふれるクラブパッシングが見られるのだ。もし、全員が同時に演技をしていたとしたら、さぞかし見ごたえがあったことだろう。それにしても、同じショーに出演している時点ですごいことである。しかし、驚くべきことはまだある。この年のサーカスのツアーには、タハラズ・セブン・ジャグリング・ジャップスというチームも参加していた。先の 4 つのチームと、この日本人ジャグラーの一座を見ることができるというのは、本当に驚くべきことである。この一座についての情報は見つからないが、そのシーズンの演目には、前述の 4 つのチームと一緒にその名が記載されている。
IJA や EJC における近年のショーの中では、セルゲイ・イグナトフとアンソニー・ガットーが出演した IJA1991 のように、複数の世界レベルのジャグラーが集まった場合もある。しかし、古い時代のショーとしては、1906 年のリングリング・ブラザーズ・サーカスに勝るものはないだろう。
和訳: 青木 直哉(AOKI Naoya)

David Cain is a professional juggler, juggling historian, and the owner of the world's only juggling museum, the Museum of Juggling History. He is a Guinness world record holder and 15 time IJA gold medalist. In addition to his juggling pursuits, David is a successful composer, songwriter, multi-instrumentalist, and singer as well as the author of twenty-six books. He and his children live in Middletown, OH (USA).

Comments 1

  1. Remarkable. I would have needed to attend 5 nights to take it in. Great descriptions, David. The videos of the New Yorkers were fab. Has never heard of these early pioneers.

Leave a Reply